不法投棄された時代物の粗大ごみの山

PR|遺品整理士をお探しなら

私の友人に、近所の里山の自然保護活動を個人的に行っている人がいます。元々は風光明媚な所で遠足に来る学生なども多いのですが、そういったメインのハイキングコースを外れると、そこはもうぎょっとするような粗大ゴミの放置場所となってしまっています。

初めは普通に町内のゴミ拾いをするくらいのつもりでついていったら、「こりゃ、トラック持ってこなくちゃ無理だ!」と愕然とするようなものばかり。冷蔵庫や大きなソファー、ベッドに自転車・壊れ切ったスクーターなどの大型粗大ごみがとても多いのに驚きました。どうやってこんな山中に運んだのだろう、と不思議に思えます。苦労しながらこんな場所にこそこそと持ってきて違法投棄をするくらいなら、買取業者なり引き取り業者なりに、自宅に来てもらった方がよっぽど楽なのに…と、首をひねりたくなります。

友人によれば、わかりにくいけれどもう十数年以上前からの粗大ごみが堆積しているらしく、現在のようにネット連絡で買い取り業者がすぐに来てくれる時代以前からの遺物も相当に多いようです。持って行ったゴミ袋はすぐに満杯になり、依然としてそびえたつ不法投棄ゴミの山を見てため息をつきながら、私たちは帰路につきました。

PR|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の口コミ.COM|貯蓄|健康マニアによる無病ライフ
|心の童話|クレジットカードの即日発行じゃけん|お小遣いNET|GetMoney|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|童話|オーディオ|英語上達の秘訣|女性向けエステ.com|アフィリエイト相互リンク|生命保険の選び方|