粗大ごみの長年の不法投棄とその処理について

賃貸マンションには必ずゴミステーションがありますが、私が住んでいる賃貸マンションのゴミステーションは公道に接しているので誰でも入ることができます。

 

また、マンション内でゴミ当番といったものがないので、不定期に来られる清掃業者や各自のゴミ捨てのマナーがとても重要になっています。

 

そのゴミステーションにレジャー用品が投棄されており、またスキー板なので粗大ゴミなのですが、粗大ゴミのゴミシールを貼ることなくずっと投棄されています。

 

私が、この度、使わなくなった本棚を粗大ゴミのシールを貼って収集日前にゴミを出したところ、その本棚が収集日前に撤去されていました。

 

しかし、驚いたことに、ずっと投棄されているスキー板に私が買って貼付した粗大ゴミシールが貼られておりました。

 

まず、証拠としてゴミシールを買ったレシート、収集を役所のwebサイトから予約したので、その内容が記された面の印刷、スキー板の写真を撮りました。
そして最寄りのゴミ収集をする区役所にキャンセルの電話をしました。

 

ついで、マンションを管理する不動産業者に事情を資料を添えて連絡しました。
不動産業者は大家と話し合ったそうで、エントランスにある掲示板に、スキー板について即時撤去を求める警告とこのような行為はしないでほしいといった注意勧告をしました。

 

すぐにではありませんでしたが、その後、スキー板はゴミステーションからなくなっており、ホッとしました。

 

 

粗大ゴミの不法投棄は、真面目にそこに住んでいる住人たちを疑いかねないもとになります。
また、不衛生でとても気持ちの悪い思いをします。

 

粗大ゴミの不法投棄を発見したら、すぐに業者に連絡をし対処していただいた方がいいです。
PR|http://777fukujin.com/