片づけ · 粗大ごみ

粗大ごみの処分は、思い立った時が実行すべき時

地域によって粗大ごみの廃棄方法は違ってくると思いますが、粗大ごみというだけあって、大きな物を処分したいわけなのに、ゴミ出しをする際は、分解したり、使用されているパーツなどによっては、取り外して分別を行わなくてはならないところ。

 

1つの物としてのゴミのカウントをしてほしいし、実際に自分で分解したとしても、パーツの素材までなかなか判断することが難しいです。最初は自分で分解をしてみましたが、やはり難しいですし、労力がかかってしまい、結局処分を後回しにしてしまおうかという気持ちにさえなってしまいました。

 

ですが、よく調べてみると処分専門の業者さんや、新しいものを買った際、古い物を引き取りしてくれるところもありました。

 

実際に利用したのは、処分を専門にしている業者さんで、わざわざ分解したり粗大ごみを指定場所まで持っていく必要がなく、玄関先で粗大ごみの処分が終わってしまうような感覚でした。

 

費用の方は発生してしまいますが、手間や時間などを考慮すれば、こちらの方が断然にいい方法だと思います。粗大ごみの処分は意外と億劫で、後回しにしがちですが、少しの費用で簡単に処分が可能ですし、事前準備なども必要ないので、処分を行っている業者さんを検討してみることも一つの手だと思います。